Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
その入力フォームは使いやすい?シニア向けの入力フォームとは | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

その入力フォームは使いやすい?シニア向けの入力フォームとは

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

一般のサイトでも入力フォームの使いやすさは大切ですが、

商材のターゲットがシニアの場合、

さらにその分かりやすさが問われます。

 

マミオン有限会社

http://mamion.net/2014/12/皇潤の入力フォームが使いやすい理由/

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

 

入力フォームの分かりやすさに尽力しているサイトとして、

健康食品『皇潤』で有名なエバーライフがあります。

入力しやすいフォームはそれだけでコンバージョンアップに繋がります。

 

シニアに分かるよう気遣ったサイトであれば、

コア世代にも分かりやすいクオリティとなります。

 

具体的には、

  1. 各フォームがそこそこ大きく見やすい
  2. 必須項目表示がわかりやすい
  3. ふりがなが自動的に入力される
  4. 住所が自動的に入力される
  5. 電話番号欄には数字以外入力できない
  6. 生年月日の初期値が50歳に指定されている
  7. メールアドレスの補完機能がある
  8. エラー入力へのフィードバック内容が具体的
  9. 「次へ」ボタンを押すと、間違った項目だけを表示してくれる

 

その他、ポイントとして、

・姓名、郵便番号のフォームを統合する

・全角/半角の自動修正を行う

・誤って「戻る」を押した際の確認メッセージを出す

といった工夫が見られます。

 

御社の場合、ユーザーとの接点になるアイテムは

ターゲットにとって使いやすいものになっているか、

今一度確認してみるのをオススメします。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。