Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ゆるい意思表示で参加・共感しやすい「絵文字」のチカラ | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

ゆるい意思表示で参加・共感しやすい「絵文字」のチカラ

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

「カラオケ」という言葉が日本語を元に

海外でも「KARAOKE」と言われているのと同様に、

日本発祥で、日本語がそのままコトバとして定着しているものがあります。

それは「emoji」……絵文字です。

 

言葉にできない「気分」を、手軽に表現するものとして

絵文字は重宝されています。

Instagramでは、絵文字をハッシュタグとして使用できる機能が追加となりました。

 

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!

http://smmlab.jp/?p=38984

(詳細はリンク先をご覧ください)

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

 

この機能追加により、Instagramはすべてのコミュニケーションが

絵文字だけで成立するようになったそうです。

Facebookが「いいね!」をクリックするだけでコミュニケーションが成立するようにしたように、

言葉にならない、テキストにしづらいものを

より生の感情に近い形のまま届けられることで、

コミュニケーションはより手軽に、より加速すると考えられます。

 

活用例としては、

SNSを使用したキャンペーンの展開時に

絵文字のみで参加できるよう設計するなど、

参加型キャンペーンへの参加のハードルを下げるのに

絵文字を活用することが挙げられます。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。