Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ゲームがプレイヤー同士のコミュニティを作って行く。プレイ動画で遊技者目線を共有 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

ゲームがプレイヤー同士のコミュニティを作って行く。プレイ動画で遊技者目線を共有

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?   ReadWrite Japan-1

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?

http://readwrite.jp/archives/7913

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?   ReadWrite Japan-1

ゲームのファンの間では、個人ユーザーがプレイ動画をUPし、

動画視聴者とプレイヤーの目線を共有したり、

プレイヤー同士がコミュニティを築いたりという動きがあります。

 

最新家庭用ゲーム機・プレイステーション4では、

プレイ動画を配信するための設定や機能も設計されており、

個人が発信者になれる現代ならではの

コミュニケーションシーンとなっています。

 

ニコ動、youtubeなどといった「共感メディア」では、旧来の「販促動画をそのままアップ」では、まずユーザーの興味を喚起できません。

提供者側が行うのではなく、ユーザー側が「能動的に動いてしまう」仕掛け作りが一層重要になってきています。

 

版元と交渉し、動画のある程度の改変・スプレッドは許容の範囲としてもらい、提供者側の手を離れて独自の動きをさせるような施策は今後必須です。

 

ユーザーに「〜してください」「〜アップしてください」あとは著作権上の責任はあなたにあります、ということで炎上してしまったテレビ局投稿サービスは悪い例です。

ある程度の自由度を持ってユーザーに「遊ばせる」「自慢させる」「共有させる」など、本来のスプレッドしたくなるような使い方に自由度を持たせる方法を考えましょう。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。