Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
コンテンツ発信の効果を最大化する施策 【UIをスマートフォンに最適化。行動科学からコンテンツ配置を考える】 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

コンテンツ発信の効果を最大化する施策 【UIをスマートフォンに最適化。行動科学からコンテンツ配置を考える】

スマホ大画面時代、親指リーチ範囲が鍵となる新たなインターフェースデザイン   ギズモード・ジャパン

例えばインターネットの画面の場合、

画面のどの部分が良く注視されているでしょうか?

その答えは、よく、「F」字型と言われています。

画面左上から下へ、また、左から右へと目が行きやすいというものです。

 

では、スマートフォンの場合、

画面のどの部分が良くタップされているのでしょうか?

 

スマホ大場面時代、親指リーチ範囲が新たなインターフェース

http://www.gizmodo.jp/2014/09/post_15582.html

スマホ大画面時代、親指リーチ範囲が鍵となる新たなインターフェースデザイン   ギズモード・ジャパン

右利きの人がスマホを手に持った際にタップしやすい、

つまり親指の届く範囲を図にしているのが今回の記事です。

 

(応用例)

コンテンツを設計する際にこういった人間工学、

インターフェースについて意識することも、

効果を最大化させるためには必要です。

タップしにくい、入力しにくいといった理由で機会を逃すような勿体ないことには

なりたくないものです。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。