Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
コンバージョンアップのヒントに。マーケティングオートメーションの仕組みとは? | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

コンバージョンアップのヒントに。マーケティングオートメーションの仕組みとは?

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例  1 3 :MarkeZine(マーケジン)

個々のユーザーを知り、

それぞれに合わせて施策を行う「One to Oneマーケティング」の

風潮が強くなってきています。

 

ただし、One to Oneマーケティングの実現を願う企業は多いものの、

実現を叶えている企業はまだ少ないようです。

 

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例

http://markezine.jp/article/detail/22275

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例  1 3 :MarkeZine(マーケジン)

データの蓄積を元にし、

ユーザーとのコミュニケーション手段に反映させるという

One to One マーケティングを加速させる方法として、

マーケティングオートメーションを取り入れることが挙げられます。

 

マーケティングオートメーションとは、

マーケティングを自動化させる「仕組み」を導入すること。

しかしこのメルマガでは、オートメーション自体を紹介するのが目的ではなく、

オートメーションシステムの考え方をマーケティングの考え方として

取り入れるのが狙いです。

 

『誰に』『何を』『いつ』『どのように』という要素を組み合わせ、

効果を最大化させるマーケティングを行いたいものです。

 

活用例としては、

顧客の情報をプールすること、

顧客の行動パターンを可能な限りリストアップし

マーケティングに活かすこと、などが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。