Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
拡散されやすいのはどんなもの?多くシェアされた記事を分析し「心が動く記事」を探る | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

拡散されやすいのはどんなもの?多くシェアされた記事を分析し「心が動く記事」を探る

ネットで拡散されやすい記事タイトルを分析してみるとわかったこと   GIGAZINE

FacebookなどSNSが浸透し、

「記事をシェアする」「拡散する」という行動が根付いてきました。

多くのユーザーに拡散されることを「バズる」などと言うのも

耳にする機会があるのではないかと思います。

 

そんな「バズった」記事を分析したエンジニアがいます。

http://gigazine.net/news/20150116-buzzfeed-headlines-analysis/

ネットで拡散されやすい記事タイトルを分析してみるとわかったこと   GIGAZINE

 

彼によると、

「~する5つの方法」や「~に見られる15個の特徴」のような「リスト記事」が拡散されやすい、

以前は「THE~(最も○○なX個のもの)」が主流だったが、今は「~things(○○なものX個)」という柔らかい表現が主流になっているなどの傾向があるとのこと。

つまり、注目度が変わるほど、タイトルやヘッドラインは重要だということです。

 

例えばメールマガジン等を発行する際に活用できます。

より開封率を上げ、文面を読みたいと思わせるような

タイトルを付けることが肝要です。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNSでもご購読できます。