Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
その他 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

その他

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ゆるい意思表示で参加・共感しやすい「絵文字」のチカラ

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

「カラオケ」という言葉が日本語を元に

海外でも「KARAOKE」と言われているのと同様に、

日本発祥で、日本語がそのままコトバとして定着しているものがあります。

それは「emoji」……絵文字です。

 

言葉にできない「気分」を、手軽に表現するものとして

絵文字は重宝されています。

Instagramでは、絵文字をハッシュタグとして使用できる機能が追加となりました。

 

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!

http://smmlab.jp/?p=38984

(詳細はリンク先をご覧ください)

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

 

この機能追加により、Instagramはすべてのコミュニケーションが

絵文字だけで成立するようになったそうです。

Facebookが「いいね!」をクリックするだけでコミュニケーションが成立するようにしたように、

言葉にならない、テキストにしづらいものを

より生の感情に近い形のまま届けられることで、

コミュニケーションはより手軽に、より加速すると考えられます。

 

活用例としては、

SNSを使用したキャンペーンの展開時に

絵文字のみで参加できるよう設計するなど、

参加型キャンペーンへの参加のハードルを下げるのに

絵文字を活用することが挙げられます。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

これからの検索に地名は不要?答えに辿りつきたい人が使うワードとは

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に など10 4記事   海外 国内SEO情報ウォッチ   Web担当者Forum

新宿にオフィスがある人が、オフィスの近くでラーメンを食べたいと思ったら、

何と検索するでしょうか?

 

「新宿 ラーメン」

と検索する人が多いのではないかと思います。

 

ところが、最近の検索の動向としては、

地名は入れずに「近くの○○」のように検索する人が増えているようです。

 

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332096/

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に など10 4記事   海外 国内SEO情報ウォッチ   Web担当者Forum

 

ふらりと来店したいユーザー層への

先回りを、是非しておきたいものです。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

必要だけれど面倒くさい!スマホの充電を究極的に手間がかからないようにするには?

空中から充電できる魔法のiPhoneケース   ギズモード・ジャパン

スマートフォンが私たちの生活に浸透してだいぶ経ちますが、

スマホユーザーの皆さんに共通して「面倒くさい」動作と言えば、

ズバリ充電でしょう。

 

空中から充電できる魔法のiPhoneケース

http://www.gizmodo.jp/2015/05/iphone_666.html

空中から充電できる魔法のiPhoneケース   ギズモード・ジャパン

毎晩寝る前にケーブルを差し、朝抜いて会社に持参するという手間が

省ければどんなにいいかと思う人も少なくありません。

 

そんな面倒くささを解消するアイテムが登場するかもしれません。

こちらの製品はWi-fiなどの「電波」で充電するというもの。

 

Wi-fiの通った自宅に持ち帰りさえすれば

カバンから出さずとも充電されてしまうのです。

 

ヒントとしては、

製品やサービスから切っても切り離せない「面倒」「悩み」を

いかに解消するかという所にヒントを見出すことでしょう。

ユーザーの動線など、面倒なポイントを探り

解決法を提示していくということが考えられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

○○の音に反応して走る、止まる!子供の夢プラレールは進化していた

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

プラレールという電車のおもちゃで

遊んだ記憶のある人は多いでしょう。

 

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332096/

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

 

 

そのプラレールが近年進化を遂げているようです。

 

付属の笛を吹く音やスマートフォンアプリに反応し

走る、止まる、加速するといった操作をすることができます。

 

電車と親和性のある笛というアイテム、

そして近年急速に普及したスマホを活用して

操作性を進化させたというチャレンジングな姿勢は

参考になるところがあります。

 

また、子供向けのおもちゃでありながら

購入決定権を持つ親世代も楽しめる、

所有欲を刺激されるラインナップ展開も興味深いです。

(その姿勢はタカラトミー社のリリースなどからも見て取れます。

興味の湧いた方はご参照ください。

http://www.takaratomy.co.jp/product_release/ )

 

適用例としては、

商品ごとに親和性のあるアイテムを取り入れられないか

工夫をする姿勢を持つことなどが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

家の中でできることに裾野を広げる。IKEAが提案する新しい家具の在り方

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に   ギズモード・ジャパン

輸入家具で有名なIKEAから、

「充電できる家具」が発信されています。しかもワイヤレスで、です。

 

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に

http://www.gizmodo.jp/2015/04/post_16965.html

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に   ギズモード・ジャパン

 

IKEAの施策の面白いところは、

家具を売るだけ、家電を売るだけではなく、

既存の家具を充電器化するモジュールをも作ることで

囲い込みへの意気込み、

充電家具の先陣を切る覚悟が見てとれます。

 

何か新しいものをローンチする際、

ただ自社製品のみをUPDATEするのではなく

他社の製品にも影響し、囲い込みに繋げられるような

ローンチをするなどが考えられるでしょう。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page