Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
その他 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 4

その他

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

商品のターゲットの周辺の欲求は何か?企業コラボでターゲットを囲い込む

ネスカフェ イトーキとコラボレーション

カフェの増加、コンビニコーヒーの登場により、

コーヒー、そしてオフィスでのブレイクタイムにまつわる状況に変化が訪れています。

 

ネスレ日本は、コーヒーだけではなく

「ブレイクタイムの在り方」にも一石を投じています。

 

イトーキとコラボレーションしてネスレがオフィスに無償提供したのは、テーブルです。

コーヒーを淹れるための器具だけでなく、

メモやペン類を入れるスペースなども備えています。

 

これにより、ブレイクタイム、オフィスでのコーヒーの価値を変えました。

コミュニケーションの時間として、仕事を潤滑にするものと位置づけています。

 

商品だけでなく、商品に付加価値を与えることで、

よりターゲットに根差した存在を目指しています。

 

ネスレ日本とイトーキが「Wellness Office」プロジェクトを始動

http://www.nestle.co.jp/

ネスカフェ イトーキとコラボレーション

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

声で質問、声で回答。ハードルを徹底的に排除したOKwave

OKWave Talk

 

WEB上での購入過程をAmazonなどECサイトがスムーズにさせようと

種々画策しているのは今までにもご紹介してきた通りです。

今回は、WEB上での相談スペース「OKWave」が

サービス利用へのハードルの排除を試みています。

 

OKWave talk

https://talk.okwave.jp/

OKWave Talk

WEB上の相談スペースというと、

悩みの内容は子供から主婦層、年配層まで幅広いユーザーが集まっています。

WEBやPCに詳しくない層さえも取り込める素地があります。

 

今回のアプリが利用ユーザー層をどう変え、

また、スマホの使い方をどう変えていくのか。

スマホに限らず、身近なものをキーアイテムとしてユーザー増に繋げたいものです。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

お気に入りWEBサイトを視覚的に整理できるサービスMyWebRoom

Select a room design

お気に入りのWEBサイトを、

まるで自分の部屋の中のように整理することができる

WEBサービスがあります。

 

MyWebRoom

http://www.mywebroom.com/

Select a room design

 

部屋の雰囲気も、数種類の部屋の中から自分の好みのものを選ぶことができ、

より「自分らしい」カスタマイズができるようになっています。

「部屋」の中は、例えばニュースサイトならば「新聞」、

動画サイトならば「TV」といったアイテムが置かれており、

視覚的・直感的に分かりやすい作りとなっています。

 

 

スマートフォンのアプリのアイコンなどにも通じる話ですが、

これらはサービスとユーザーを繋ぐ「コンタクトポイント(接点)」の

ひとつになります。

使用イメージを想起しやすく、アクセスしやすくすることは、

ユーザーから高頻度で使用されるサービスに育てる一助となるでしょう。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

何度でもアクセスしたくなる。WEB・SNSを利用したキャンペーン展開とは

Home   Ben   Jerry’s

キャンペーンを行うからには、

ユーザーを巻き込み、何度でも自社のことを認識してもらえるような

キャンペーンをしたいものです。

 

Ben&Jelly‘s

http://www.benjerry.jp/

Home   Ben   Jerry’s

 

キャンペーンサイト「日本のレイゾーコに大上陸します!」

http://reizoko.benjerry.jp/

ベン&ジェリーズが日本のレイゾーコに大上陸します!   Ben   Jerry s

アイスクリームのメーカBen&Jelly’s は「Luckyレイゾーコ」というキャンペーンを行いました。

このキャンペーンは、

期間中毎日ランダムに1店舗ずつが対象店舗となり、

ツイッターで発表される合言葉をを店頭で言うと

アイスを1カップ無料でもらえる、というものです。

このキャンペーンを通じて、

・顧客が近隣店舗を調べ、認知する

・何度も公式サイトやツイッターをチェックする

といった行動を起こさせ、メーカーへの親しみを覚えさせる効果を発揮しました。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

画像加工・処理はプロ仕様のソフトウエアがないとできない、○か×か

Instantly Remove Image Backgrounds Online   Clipping Magic

答えは×です。

 

画像の加工は、魅力的なコンテンツ作成には

必須のスキルと言っても過言ではありません。

しかし一方で、難しそう、デザイナーなどプロでないとできないなど

ハードルが高くなっている一面もあります。

 

Clipping Magic

https://clippingmagic.com/

Instantly Remove Image Backgrounds Online   Clipping Magic

Clipping Magicは、

加工の中でもとくに操作が複雑で面倒な

「切り抜き」に焦点を絞ったWebサービスです。

使い方も簡単で、

切り抜きたいオブジェクトとそうでない部分に

ざっくりと色をつけ指し示すだけで

ほぼキレイに切り抜くことができます。

 

業者に頼めばそれだけで時間もお金もかかりがちです。

自社でできるものはスピーディーに

コストカットして段取りを良くし、

適切なタイミングでのコンテンツUPにつなげたいものです。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page