Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ブランディング関連 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

ブランディング関連

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

持ち帰り率100%!世界に一つだけの『パーソナル機内誌』

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)_2

飛行機の機内誌というと、

たいていは重要視されず、パラパラと流し読みして終了してしまうことが多いようです。

 

持ち帰り率100%!世界に一つだけの『パーソナル機内誌』

http://markezine.jp/article/detail/22572

(詳細はリンク先をご覧ください)

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)

 

 

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)_2

機内誌に関わらず、

パーソナルのために作られたものは

「自分だけのスペシャル」という要素があり、受け入れられやすいです。

 

スポーツジムで自分だけのトレーニングメニューを組んでもらう、

カップラーメン博物館でオリジナルパッケージのラーメンを作る、

等も類似の体験ですね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

「人類以外」の採用サイト!?ユーモラスにコーポレイトコンセプトを伝える試み

人類以外採用 天然水の森 人類以外採用 サントリー

企業理念やコーポレートメッセージを社外に伝えるのに、

どういった手段を採るのがよいのでしょうか。

 

サントリーは「水と生きる」というフレーズを

コーポレートメッセージとしていますが、

それを伝えるため、不思議な採用サイトを立ち上げています。

 

給料・休日・トイレなし!サントリーが「人類以外」採用サイトをオープン

http://www.advertimes.com/20150608/article194256/

(詳細はリンク先をご参照ください)

給料・休日・トイレなし!サントリーが「人類以外」採用サイトをオープン  宣伝会議   AdverTimes(アドタイ)

 

人類以外採用 天然水の森 人類以外採用 サントリー

http://www.suntory.co.jp/company/cm/forest-recruit/

人類以外採用 天然水の森 人類以外採用 サントリー

 

敢えて採用サイトという体裁をとったことで

意外性やユーモアを誘い、共感を導いています。

また、閲覧者が「自分は動物だ」と言い張って「採用エントリー」に進むと…

という遊びの要素から共有を誘導するなど、

面白い設計となっています。

 

用例としては、

あらゆる情報をそのまま出すのではなく、

既存の別のフォーマットを利用して見せることで

共感・共有を導くといったことが挙げられます。

 

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ビールファンを社員にする?商品開発プロジェクト、「百人ビール・ラボ社」

サッポロ、6月よりファンとビールをつくるプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始:MarkeZine(マーケジン)

ファンを巻き込み、ユーザーを育てるという例は

何度か取り上げましたが、

サッポロが、ファンの醸成と企画を両立させたプロジェクトを展開しています。

 

サッポロ、6月よりファンとビールを作るプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始

http://markezine.jp/article/detail/22506

 

 

サッポロは数年来、

Facebookなどでのファンとの交流を通じて

新商品を開発するプロジェクトを行い、話題になっています。

 

今年度はそのプロジェクトに、

遊び心をプラスしました。

その遊び心とは、「百人ビール・ラボ社」と会社のような体裁にしたことです。

参加するビールファンたちは、スケジュールに則って

「商品企画部」「広告宣伝部」などの「部署」での役職を経験。

 

参加する楽しみ・喜びを刺激します。

 

ユーザーを巻き込んだ商品開発を行う、

ユーザーを「所属」させるようなファンミーティングの場を提供する、

といった工夫ができますね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

売り上げ増のためにメーカーは何ができるか?O2Oの出口は自店舗のみではない

【連載】O2Oマーケティングに挑む:(前編)リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?――サッポロビールの顧客育成戦略   ITmedia マーケティング

リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?サッポロビールの顧客育成戦略

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1312/12/news005.html

【連載】O2Oマーケティングに挑む:(前編)リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?――サッポロビールの顧客育成戦略   ITmedia マーケティング

特に「自店舗」を持たないメーカーは、

「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」の場面でどうすべきか。

その一つの答えがこの対談と言えるでしょう。

 

オンラインでのコミュニケーションから

飲食店や小売店への送客へと

循環させ、顧客を育成していくことが肝要です。

 

オンラインでのユーザーの育成と、

オフライン・実店舗へのユーザーの送客を意図した

コミュニケーションをとることが考えられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

○○の音に反応して走る、止まる!子供の夢プラレールは進化していた

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

プラレールという電車のおもちゃで

遊んだ記憶のある人は多いでしょう。

 

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332096/

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

 

 

そのプラレールが近年進化を遂げているようです。

 

付属の笛を吹く音やスマートフォンアプリに反応し

走る、止まる、加速するといった操作をすることができます。

 

電車と親和性のある笛というアイテム、

そして近年急速に普及したスマホを活用して

操作性を進化させたというチャレンジングな姿勢は

参考になるところがあります。

 

また、子供向けのおもちゃでありながら

購入決定権を持つ親世代も楽しめる、

所有欲を刺激されるラインナップ展開も興味深いです。

(その姿勢はタカラトミー社のリリースなどからも見て取れます。

興味の湧いた方はご参照ください。

http://www.takaratomy.co.jp/product_release/ )

 

適用例としては、

商品ごとに親和性のあるアイテムを取り入れられないか

工夫をする姿勢を持つことなどが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page