Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
ブランディング関連 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 3

ブランディング関連

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

共感が心を動かす。旅館・ホテルのInstagramアカウントに見るSNS運用

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

nstagram(インスタグラム)は、写真で交流するSNSです。

ビジネスに活かす土壌があるにもかかわらず、

まだまだ活用している企業は少ないように感じます。

 

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

http://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/13273/

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

 

記事の中では、ビジネスに活用するためのポイントは

・写真のテーマを決める

・プラスの形容詞を思い浮かべる写真を撮る

・どんな人に見てもらいたいかを決め、その人たちが検索するであろうハッシュタグを使う

とまとめています。

 

活用例としては、地域との密着感をアピールすることなどが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

その入力フォームは使いやすい?シニア向けの入力フォームとは

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

一般のサイトでも入力フォームの使いやすさは大切ですが、

商材のターゲットがシニアの場合、

さらにその分かりやすさが問われます。

 

マミオン有限会社

http://mamion.net/2014/12/皇潤の入力フォームが使いやすい理由/

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

 

入力フォームの分かりやすさに尽力しているサイトとして、

健康食品『皇潤』で有名なエバーライフがあります。

入力しやすいフォームはそれだけでコンバージョンアップに繋がります。

 

シニアに分かるよう気遣ったサイトであれば、

コア世代にも分かりやすいクオリティとなります。

 

具体的には、

  1. 各フォームがそこそこ大きく見やすい
  2. 必須項目表示がわかりやすい
  3. ふりがなが自動的に入力される
  4. 住所が自動的に入力される
  5. 電話番号欄には数字以外入力できない
  6. 生年月日の初期値が50歳に指定されている
  7. メールアドレスの補完機能がある
  8. エラー入力へのフィードバック内容が具体的
  9. 「次へ」ボタンを押すと、間違った項目だけを表示してくれる

 

その他、ポイントとして、

・姓名、郵便番号のフォームを統合する

・全角/半角の自動修正を行う

・誤って「戻る」を押した際の確認メッセージを出す

といった工夫が見られます。

 

御社の場合、ユーザーとの接点になるアイテムは

ターゲットにとって使いやすいものになっているか、

今一度確認してみるのをオススメします。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

新製品を開発することなく、特定のセグメントに特化して商品を打ち出す方法

ロッテが増加する単身・小世帯の消費に対応、1個入りの「ぼっち」商品を新たに販売へ:MarkeZine(マーケジン)

この記事で紹介されているのは、あるお菓子です。

通常、類似の商品は複数個入りでファミリー向けに販売していますが、

単身世帯をターゲットに1個入りでの販売を始めました。

 

一人でも食べたい プチ贅沢なひとくちお菓子 ロッテ

http://markezine.jp/article/detail/20980

ロッテが増加する単身・小世帯の消費に対応、1個入りの「ぼっち」商品を新たに販売へ:MarkeZine(マーケジン)

同じ商品でも提供の仕方により需要が変わってきます。

 

もし同じ商品を6個入り、8個入りで売り出したら、

ファミリー層が主な購入層となり

「おひとり様」にとっては手に取りにくい商品となっていたでしょう。

提供の仕方を従来の類似の菓子と変え、個別売りにすることで

単身世帯の方が自然と手に取りやすいように

姿を変えることができました。

 

 

同じ商品、同じサービスでも、

ターゲットを想定して提供の仕方に変化を付けることができないでしょうか。

 

目線を変え、グローバルニッチ化した提供の仕方を敢えて攻めていくのは効果的です。

また、攻める姿勢のある企業だとアピールすることにも意味があります。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ファンクラブの新規入会が3倍以上に。BtoCにもBtoBにも効果のあるデータ解析マーケティング

球団ビジネス変革の裏側(前編):オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか  1 2    ITmedia エンタープライズ

ファンクラブ会員登録数が多くとも

ファンの動きが見えなければ「宝の持ち腐れ」である、ということが、

改めてわかる記事をご紹介します。

 

球団ビジネス変革の裏側(前編):

オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか ITmedia エンタープライズ

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1409/26/news056.html

球団ビジネス変革の裏側(前編):オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか  1 2    ITmedia エンタープライズ

 

グッズ購買などファンの動きを徹底して分析し、

取るべき戦略を定めています。

また、その戦略自体がファンの動き=欲求に応えたものであるため、

ファンの満足度も比例的に上がっていくという傾向に結びついています。

 

WEB広告の最適化を統計で行う場合、母数は月間15000くらいです。

今回の例であれば、ファンクラブはビッグデータ解析のように「何百万、何千万」の母数ではありません。実は手の届く範囲でのデータ解析ができるのです。

ユーザーの動きを分析し、より人気を強化するような試みに活かせるでしょう。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

グッズなど周辺アイテムの売り上げも増。徹底したメディアミックスで囲い込む戦略

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

昨今、メディアミックスされるコンテンツは多岐に渡ります。

カードゲームからアニメーション、グッズへと展開し、

商品の展開とアニメのストーリーを徹底的に一致させる戦略で

子供たちを虜にしている作品があります。

 

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

http://dentsu-ho.com/articles/1663

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

 

メディアミックスするにあたって、

ただただ「他の媒体でも人気」「グッズもある」と横展開するという

制作側の目線だけではなく、

「アニメで出てきたこの服、私も着てみたいな」といったユーザー側の

欲求に応える形での展開がブームの秘訣と言えるでしょう。

 

 

メディアミックスとは旧来の「マスに受けるメディア」とのミックスはもはや通用しません。(ユーザーに見透かされます)

妖怪ウォッチのレベルファイブのように、「外には見えないけど、緻密に計算された熱狂を作り出す相互作用」は、版権活用者しか生み出せません。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page