Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
販促・マーケティング関連 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。

販促・マーケティング関連

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

コンバージョンアップのヒントに。マーケティングオートメーションの仕組みとは?

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例  1 3 :MarkeZine(マーケジン)

個々のユーザーを知り、

それぞれに合わせて施策を行う「One to Oneマーケティング」の

風潮が強くなってきています。

 

ただし、One to Oneマーケティングの実現を願う企業は多いものの、

実現を叶えている企業はまだ少ないようです。

 

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例

http://markezine.jp/article/detail/22275

One to Oneマーケティングで顧客ロイヤリティを向上!マーケティングオートメーション導入事例  1 3 :MarkeZine(マーケジン)

データの蓄積を元にし、

ユーザーとのコミュニケーション手段に反映させるという

One to One マーケティングを加速させる方法として、

マーケティングオートメーションを取り入れることが挙げられます。

 

マーケティングオートメーションとは、

マーケティングを自動化させる「仕組み」を導入すること。

しかしこのメルマガでは、オートメーション自体を紹介するのが目的ではなく、

オートメーションシステムの考え方をマーケティングの考え方として

取り入れるのが狙いです。

 

『誰に』『何を』『いつ』『どのように』という要素を組み合わせ、

効果を最大化させるマーケティングを行いたいものです。

 

活用例としては、

顧客の情報をプールすること、

顧客の行動パターンを可能な限りリストアップし

マーケティングに活かすこと、などが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

持ち帰り率100%!世界に一つだけの『パーソナル機内誌』

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)_2

飛行機の機内誌というと、

たいていは重要視されず、パラパラと流し読みして終了してしまうことが多いようです。

 

持ち帰り率100%!世界に一つだけの『パーソナル機内誌』

http://markezine.jp/article/detail/22572

(詳細はリンク先をご覧ください)

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)

 

 

持ち帰り率100%! 世界に一つだけの『パーソナル機内誌』:MarkeZine(マーケジン)_2

機内誌に関わらず、

パーソナルのために作られたものは

「自分だけのスペシャル」という要素があり、受け入れられやすいです。

 

スポーツジムで自分だけのトレーニングメニューを組んでもらう、

カップラーメン博物館でオリジナルパッケージのラーメンを作る、

等も類似の体験ですね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ゆるい意思表示で参加・共感しやすい「絵文字」のチカラ

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

「カラオケ」という言葉が日本語を元に

海外でも「KARAOKE」と言われているのと同様に、

日本発祥で、日本語がそのままコトバとして定着しているものがあります。

それは「emoji」……絵文字です。

 

言葉にできない「気分」を、手軽に表現するものとして

絵文字は重宝されています。

Instagramでは、絵文字をハッシュタグとして使用できる機能が追加となりました。

 

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!

http://smmlab.jp/?p=38984

(詳細はリンク先をご覧ください)

Instagramは絵文字ハッシュタグで非言語コミュニケーションがさらに加速する?!  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

 

この機能追加により、Instagramはすべてのコミュニケーションが

絵文字だけで成立するようになったそうです。

Facebookが「いいね!」をクリックするだけでコミュニケーションが成立するようにしたように、

言葉にならない、テキストにしづらいものを

より生の感情に近い形のまま届けられることで、

コミュニケーションはより手軽に、より加速すると考えられます。

 

活用例としては、

SNSを使用したキャンペーンの展開時に

絵文字のみで参加できるよう設計するなど、

参加型キャンペーンへの参加のハードルを下げるのに

絵文字を活用することが挙げられます。

 

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

何のためにスマホで写真を撮る?共有の仕方に見る「写メ」の活用目的の違い

スマホで撮った写真の共有、どうやってる? 10~20代と30代以降で方法に差【ジャストシステム調査】:MarkeZine(マーケジン)

スマホで写真を撮るのは、もはや言うまでもなく浸透していますが、

では何の為に撮るのでしょうか?

そのヒントは、共有の仕方、写真の管理の仕方から

見えてくるかもしれません。

 

スマホで撮った写真の共有、どうやってる?10~20代と30代以降で方法に差

http://markezine.jp/article/detail/22519

(詳細はリンク先をご参照ください)

スマホで撮った写真の共有、どうやってる? 10~20代と30代以降で方法に差【ジャストシステム調査】:MarkeZine(マーケジン)

 

 

リンク先によると、

共有の仕方は世代ごとに違っており、

若い世代ほど速く・一時的な共有方法で楽しんでいると言えます。

 

また、管理方法という観点では、

「特に管理をしていない」という人が40.7%にも上り、

写真をどう使うかではなく、撮ること自体を楽しむという

目的もあることも見てとれます。

 

ターゲットユーザーのスマホカメラの使用方法を参考にしながら

キャンペーンなどを展開することが挙げられます。

SNS活用とジョイントさせるのも良いですね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ビールファンを社員にする?商品開発プロジェクト、「百人ビール・ラボ社」

サッポロ、6月よりファンとビールをつくるプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始:MarkeZine(マーケジン)

ファンを巻き込み、ユーザーを育てるという例は

何度か取り上げましたが、

サッポロが、ファンの醸成と企画を両立させたプロジェクトを展開しています。

 

サッポロ、6月よりファンとビールを作るプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始

http://markezine.jp/article/detail/22506

 

 

サッポロは数年来、

Facebookなどでのファンとの交流を通じて

新商品を開発するプロジェクトを行い、話題になっています。

 

今年度はそのプロジェクトに、

遊び心をプラスしました。

その遊び心とは、「百人ビール・ラボ社」と会社のような体裁にしたことです。

参加するビールファンたちは、スケジュールに則って

「商品企画部」「広告宣伝部」などの「部署」での役職を経験。

 

参加する楽しみ・喜びを刺激します。

 

ユーザーを巻き込んだ商品開発を行う、

ユーザーを「所属」させるようなファンミーティングの場を提供する、

といった工夫ができますね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page