Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
販促・マーケティング関連 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 4

販促・マーケティング関連

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

共感が心を動かす。旅館・ホテルのInstagramアカウントに見るSNS運用

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

nstagram(インスタグラム)は、写真で交流するSNSです。

ビジネスに活かす土壌があるにもかかわらず、

まだまだ活用している企業は少ないように感じます。

 

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

http://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/13273/

旅館・ホテルのInstagram(インスタグラム)活用10選

 

記事の中では、ビジネスに活用するためのポイントは

・写真のテーマを決める

・プラスの形容詞を思い浮かべる写真を撮る

・どんな人に見てもらいたいかを決め、その人たちが検索するであろうハッシュタグを使う

とまとめています。

 

活用例としては、地域との密着感をアピールすることなどが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

一見関係がない業種が主幹事業と地続きに。ソリューションに進展

家事代行「CaSy」が中古ブランド品買取を開始  掃除後の手間省く   CNET Japan

家事代行サービス「CaSy(カジー)」が、

家事代行サービス時の整理整頓で不要になったブランド品を買い取る

サービスを開始しました。

 

家事代行「CaSy」が中古ブランド品買取を開始――掃除後の手間省く

http://japan.cnet.com/news/service/35061763/

家事代行「CaSy」が中古ブランド品買取を開始  掃除後の手間省く   CNET Japan

 

家事代行とブランド品買取は一見関係がありませんが、

家の中の掃除をする実際の場面を想定すると

そこで出てくる不用品を売却したいという欲求が出てくるということは

想像に難くないでしょう。

 

しかも、家事代行から地続きで同じ業者にワンストップで

依頼できるならば、

他の業者との差別化にもつながります。

 

活用例としては、

新しい機種を販売する際に古い機種をの処分を請け負う、

販促物を提供する際に+αのサービスを提供するなどの

手法が考えられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

買いたいものは本?内容?書店で電子書籍を売る意味とは

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売「Booca」、3月から事業化   ITmedia ニュース

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売、3月から事業化

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/27/news175.html

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売「Booca」、3月から事業化   ITmedia ニュース

昨年6月から試験的に行われていた

リアル書店での電子書籍販売が、試験期間を終え事業化されます。

OtoOの流れの一端と言えるでしょう。

書店に居るのに電子書籍を買うなんて…と思われる方もいるかもしれませんが、

書店=実際の書籍を見ることができ、買うかどうかの決断をしやすい

電子書籍=場所を取ることがなく、本を多く読む人にも便利

という両方のいいところ取りができる、スマートな手法と言えます。

ネットでの購買とリアル店舗での購買が限りなく近づいてきている、

また、融合してきているということの好例と言えるでしょう。

 

応用例としては、サービス購入と、

インターネットを使用したサービス提供の融合点を設定し、

ユーザーへ分かりやすく、より利用したくなるように提供すること、などが挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

実施効果の高いDMとは?思わず開けたくなる予想外のDM

第29回全日本DM大賞――郵便受け、工具箱風DMでダブルグランプリ   販促会議 2015年4月号

ダイレクトメール=DMは、以前からある手法ですが、どのようなDMが実施効果が高いのでしょうか?

今回の記事は、全日本DM大賞の優秀作品を通じて、

効果的なDMについて取り上げて参ります。

 

http://mag.sendenkaigi.com/hansoku/201504/pickup/004739.php

第29回全日本DM大賞――郵便受け、工具箱風DMでダブルグランプリ   販促会議 2015年4月号

 

グランプリを獲ったのは郵便受け型・工具箱型ということですが、

ここに潜むのは「開封したくなる」「興味を引く」という要素でしょう。

郵便受け型には開封するワクワク感や、

自分宛の手紙が届いたときの「なんだろう?誰からだろう?」という期待感を

追体験させるような意匠となっています。

また、工具箱の方は、

水道管の点検についてのDMなど「工具」を連想させるジャンルで活用の余地があります。

 

どちらも、そのデザインである必要性などに齟齬がなく、

また、興味をひくストーリー性のあるものとなっています。

 

御社での活用例としては、

DMを送る際、例えば慶次が一閃しているイラストの切り口のところから開封できるなど

興味をひき、面白みのある装丁で送る、などが考えられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

お客様は思い出を買っている…ヴィレッジヴァンガードの焼きそば理論

ヴィレヴァンの「屋台の焼きそば理論」 猥雑で活気に満ちた空間づくり   AdverTimes(アドタイ)   Part 3

人が物を買う、お金を払うのはどんな時でしょうか。

もちろん、その物自体が必需品である、今買わなければならない、というようなものであれば

買うでしょう。

しかし、「必要ではない、ともすればいらない物を買う」のは、

どんな時でしょう。

 

人は思い出を買う、ということがあります。

それをうまく作り出しているのが、

今回の記事の「ヴィレッジヴァンガード」、通称「ヴィレヴァン」の例でしょう。

http://www.advertimes.com/20150209/article181967/

ヴィレヴァンの「屋台の焼きそば理論」 猥雑で活気に満ちた空間づくり   AdverTimes(アドタイ)   Part 3

膨大な量のPOPや配置の工夫で、

お祭りの出店の焼きそばのように、

修学旅行先の木刀のように、

「せっかく来たからには何か買う」と思わせる雰囲気を作り出しています。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page