Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
販促・マーケティング関連 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 8

販促・マーケティング関連

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

WEBは紙を駆逐するか?WEBが紙に勝てない領域と、その共存についての一つの答え

紙の“シズル感”には数年勝てない  クックパッドで「雑誌レシピ」が見放題に   CNET Japan

あらゆる表現物がWEBへ移行するようになって久しいです。

電化製品の取扱説明書などはWEBでしか配布していないというものもありますし、

通販のカタログを印刷ではなくWEB上に置いてそのまま注文できるようにしているという

ものもあります。

 

そんな中、WEBが紙に勝てない領域として下記があると言えるでしょう。

「紙の“シズル感”には数年勝てない」

http://japan.cnet.com/news/service/35053070/

(記事詳細はリンク先をご参照ください)

紙の“シズル感”には数年勝てない  クックパッドで「雑誌レシピ」が見放題に   CNET Japan

 

クックパッドと言えば今やほとんどの人が知っている超有名レシピ集積サービスですが、

その考え方としては「WEBに全て移行するのではなく、雑誌やレシピ本と共存する」というもの。

 

表題にあるようなシズル感もですが、

レシピ本を見ながら調理する、付箋を貼って情報を自分なりに扱うなど、

紙媒体だからこそ利便性が高い場面があることも重要なファクターでしょう。

 

WEBでの情報集積と、紙媒体だからこそ取り回しの利き魅力を発揮する部分。

それぞれの良さを活かしあいながらより効果的に扱えるように

情報を提供することが、よりよい「ソース」になる一要因となりそうです。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

たった一人でもいい。全力で、「あなた」の為に商品を紹介するサイト

密買東京|HOME

この世に無数にあるありとあらゆる商品には、

コンセプトがありターゲットがあります。

ターゲットをどのように設定するかは

中々悩ましいところで、「万人受けを狙うが個性が薄くなってしまう」ものもあれば、

「一部の人にしか受けないが強烈な個性を持つ」ものもあります。

 

今回の紹介するサイト「密買東京」では、

後者の商品を徹底的に紹介しています。

その紹介の温度はまさに、熱烈、といったところでしょうか。

 

密買東京

http://www.mitsubai.com/tokyo/index.html

密買東京|HOME

 

密買東京|やわらかな金属|商品概要(すずがみ   syouryu  )

↑こちらは「やわらかな金属」こと「すずがみ」(=錫でできた紙)の紹介ページ。

 

ここに集められているのは、

確かに一風変わったアイテムたちでありながら

その紹介文が面白く、ついつい引き込まれます。

 

着眼点を変え、徹底的にターゲットに刺さるよう工夫して訴えれば、

面白いと感じる層にきちんと届くということの、

生き証人のようなサイトです。

どんな商品・サービスでも本質を見失うことなく、

それを求める人にきちんと届けることを忘れないようにしたいものです。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

鯖江市の挑戦。「メガネしかない街」から、「個性を活かしきっている街」へ

福井県鯖江市

福井県鯖江市と言うと、以前から「メガネの生産量日本一」の街として

知る人ぞ知る存在でした。

一方で、メガネのみが注目され、いかにも「それしかない街」として

扱われていたところもありました。

 

しかし現在、その唯一の個性を活かし、

市として戦略的にPRを行っています。

 

福井県鯖江市のホームページ

http://www.city.sabae.fukui.jp/

福井県鯖江市

 

まずは以前からの個性「メガネ」を発展させ、

メガネ型のウェアラブル端末の開発に率先して取り組んでいます。

その他、

市のYOUTUBEチャンネルをいち早く開設し

オウンドメディアで展開できる環境を整備したり、

JK課(=女子高生課)やを設置していたりと、

メディアへの露出やニュースには事欠きません。

その姿は、まさに「戦略的広報」。

 

鯖江市役所JK課

http://sabae-jk.jp/

鯖江市役所JK課

個性を徹底的に打ち出し、「ニュースになる街」になっています。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

お気に入りWEBサイトを視覚的に整理できるサービスMyWebRoom

Select a room design

お気に入りのWEBサイトを、

まるで自分の部屋の中のように整理することができる

WEBサービスがあります。

 

MyWebRoom

http://www.mywebroom.com/

Select a room design

 

部屋の雰囲気も、数種類の部屋の中から自分の好みのものを選ぶことができ、

より「自分らしい」カスタマイズができるようになっています。

「部屋」の中は、例えばニュースサイトならば「新聞」、

動画サイトならば「TV」といったアイテムが置かれており、

視覚的・直感的に分かりやすい作りとなっています。

 

 

スマートフォンのアプリのアイコンなどにも通じる話ですが、

これらはサービスとユーザーを繋ぐ「コンタクトポイント(接点)」の

ひとつになります。

使用イメージを想起しやすく、アクセスしやすくすることは、

ユーザーから高頻度で使用されるサービスに育てる一助となるでしょう。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

何度でもアクセスしたくなる。WEB・SNSを利用したキャンペーン展開とは

Home   Ben   Jerry’s

キャンペーンを行うからには、

ユーザーを巻き込み、何度でも自社のことを認識してもらえるような

キャンペーンをしたいものです。

 

Ben&Jelly‘s

http://www.benjerry.jp/

Home   Ben   Jerry’s

 

キャンペーンサイト「日本のレイゾーコに大上陸します!」

http://reizoko.benjerry.jp/

ベン&ジェリーズが日本のレイゾーコに大上陸します!   Ben   Jerry s

アイスクリームのメーカBen&Jelly’s は「Luckyレイゾーコ」というキャンペーンを行いました。

このキャンペーンは、

期間中毎日ランダムに1店舗ずつが対象店舗となり、

ツイッターで発表される合言葉をを店頭で言うと

アイスを1カップ無料でもらえる、というものです。

このキャンペーンを通じて、

・顧客が近隣店舗を調べ、認知する

・何度も公式サイトやツイッターをチェックする

といった行動を起こさせ、メーカーへの親しみを覚えさせる効果を発揮しました。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page