Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 2

非広告手法

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

女性ファッション誌に学ぶ。写真をシェアしコンテンツを豊かにするInstagramの展開例

エル・ガールに学ぶ、Instagramキャンペーンへの参加を促す4つのポイント  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

Instagram(インスタグラム)を用いたSNS展開 が

最近活況となっています。

 

Instagramは写真を通じてのコミュニケーションに特化しており、

スマホで写真を日常的に用いる比較的若い年齢層に浸透しています。

では、Instagramでのキャンペーンを不発に終わらせないためには、

どのようなポイントが重要なのでしょうか?

 

エル・ガールに学ぶ、Instagramキャンペーンへの参加を促す4つのポイント

http://smmlab.jp/?p=38920

エル・ガールに学ぶ、Instagramキャンペーンへの参加を促す4つのポイント  SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)

 

こちらの記事によると、ポイントは以下の4点です。

1.「人に見られたくなる」テーマ設定

2.発表の場を設ける

3.撮影しやすいものを扱う

4.プレゼントが欲しくなるコンテンツを用意

 

4.はさておき、1~3はまさにSNSらしいポイントといえます。

個人が発信者になりやすいように

促したり、ハードルを無くしたりしています。

 

御社での適用例としては、

Instagramでのキャンペーンを行う際

ユーザーが参加しやすいように、

「見てもらいたい」という欲求を刺激し叶えやすいように水を向け、

また、手軽に発信できるような場を整えるようにすること

等が挙げられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

ビールファンを社員にする?商品開発プロジェクト、「百人ビール・ラボ社」

サッポロ、6月よりファンとビールをつくるプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始:MarkeZine(マーケジン)

ファンを巻き込み、ユーザーを育てるという例は

何度か取り上げましたが、

サッポロが、ファンの醸成と企画を両立させたプロジェクトを展開しています。

 

サッポロ、6月よりファンとビールを作るプロジェクト「百人ビール・ラボ社」を開始

http://markezine.jp/article/detail/22506

 

 

サッポロは数年来、

Facebookなどでのファンとの交流を通じて

新商品を開発するプロジェクトを行い、話題になっています。

 

今年度はそのプロジェクトに、

遊び心をプラスしました。

その遊び心とは、「百人ビール・ラボ社」と会社のような体裁にしたことです。

参加するビールファンたちは、スケジュールに則って

「商品企画部」「広告宣伝部」などの「部署」での役職を経験。

 

参加する楽しみ・喜びを刺激します。

 

ユーザーを巻き込んだ商品開発を行う、

ユーザーを「所属」させるようなファンミーティングの場を提供する、

といった工夫ができますね。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

売り上げ増のためにメーカーは何ができるか?O2Oの出口は自店舗のみではない

【連載】O2Oマーケティングに挑む:(前編)リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?――サッポロビールの顧客育成戦略   ITmedia マーケティング

リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?サッポロビールの顧客育成戦略

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1312/12/news005.html

【連載】O2Oマーケティングに挑む:(前編)リアル店舗がないメーカーはO2Oにどう挑む?――サッポロビールの顧客育成戦略   ITmedia マーケティング

特に「自店舗」を持たないメーカーは、

「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」の場面でどうすべきか。

その一つの答えがこの対談と言えるでしょう。

 

オンラインでのコミュニケーションから

飲食店や小売店への送客へと

循環させ、顧客を育成していくことが肝要です。

 

オンラインでのユーザーの育成と、

オフライン・実店舗へのユーザーの送客を意図した

コミュニケーションをとることが考えられます。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

これからの検索に地名は不要?答えに辿りつきたい人が使うワードとは

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に など10 4記事   海外 国内SEO情報ウォッチ   Web担当者Forum

新宿にオフィスがある人が、オフィスの近くでラーメンを食べたいと思ったら、

何と検索するでしょうか?

 

「新宿 ラーメン」

と検索する人が多いのではないかと思います。

 

ところが、最近の検索の動向としては、

地名は入れずに「近くの○○」のように検索する人が増えているようです。

 

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332096/

「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に など10 4記事   海外 国内SEO情報ウォッチ   Web担当者Forum

 

ふらりと来店したいユーザー層への

先回りを、是非しておきたいものです。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

SNS活用はInstagramが熱い。KPIも綿密に設計した活用事例

“ブランドの記憶率”を広告KPIに  ジーンズメーカー「Levi s」のInstagram活用   CNET Japan

 

‟ブランドの記憶率“を広告KPIに。ジーンズメーカー「リーバイス」のInstagram活用

http://japan.cnet.com/marketers/sp_members_engagement_labs/35063845/

“ブランドの記憶率”を広告KPIに  ジーンズメーカー「Levi s」のInstagram活用   CNET Japan

 

Instagram(インスタグラム)という

画像を中心としたSNSの活用については今までも何度か触れて参りましたが、

今回のリーバイスの例の面白いところはそのKPIにあります。

 

そのKPIとは、ブランドの記憶率。

 

投稿された画像を見たユーザーのうち、

その画像がリーバイスのものだと覚えていたユーザーは

対象ユーザーの24%にも上ったとのこと。

ブランドイメージと画像とは紐づけやすいと言えるでしょう。

 

また、何を基準にするかというKPIの設計までが

キャンペーンの中で肝要であるということも言えます。

 

Instagramをキャンペーンで活用することや、

効果測定方法まで詰めた設計でキャンペーンを行うことなどがポイントです。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page