Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法 | 非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 - Part 20

非広告手法

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

あらゆる接点にリーチ。利便性で囲い込みを図る

BONOBOSー非広告

今やどのような業界でも言い始めている
言葉がオムニチャネルの活用です。

接点=コンタクトポイントをいかに活用するかに
企業の存亡がかかっています。
その中でも特に OtoO(オンライン・トゥ・オフライン)も
オムニチャネルの1つの回答です。

アパレルショップ「ボノボ」の事例も
オムニチャネル成功事例です。

Bonobos Men s Clothes   Pants  Shirts and Suits
 

 

 

例えば、小売り最大手「Amazon」では、

ペン型の録音機に欲しいものを都度吹き込むと、
それが wish list(欲しいものリスト)となり、
WEB からすぐに購入できる、といった
ガジェットを開発中だそうです。

日常の中に、いかに「購入」をなじませ
リーチするか。
点ではなく面で考えることがオムニチャネルの
活用手法です。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

企業と顧客が出会うとき。ネット上の交流が長期顧客を育てる

ScreenSnapz002

非広告ブランディング一度商品やサービスを利用した顧客に

リピートユーザーになってほしい。
何度でも利用してほしい。
どの企業も心から欲しています。

ユニクロの場合、自ら「公式」として
情報交流サイトを立ち上げました。
交流を通じて 「顧客」から長期的な「ファン」へと
ユーザーを育てることが KPI です。

また、
ユーザーの意見を吸い上げ
店舗運営に反映させるなど
ユニクロ側にとっては一石二鳥。

ユーザー側からすれば実際にどのくらいまで
声が取り入れられているのかを
理解することで、顧客への忠誠度を
測るリトマス試験紙になります。

このような双方向性を持った交流が
現在一番盛んな手法です。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

機会損失を防ぐ!サイト閲覧中のユーザーの動きが分かるサービス

sessioncam

WEBページは、ユーザー・顧客との接点として、
今や大きな役割を果たしています。
コンテンツでユーザーを引き付けたり、
サービスやキャンペーンの告知を行う、
お問合せの窓口としてコミュニケーションを取る、
と具体例には枚挙に暇がありません。

今回ご紹介するWEBサービスは、
セッションカム

http://www.sessioncam.com/
です。

アクセスに関するデータは
Google Analyticsでも検証することができますが、
セッションカムは
実際に顧客がどのようにマウスを動かすかを録画するツールです。

マウスを動かす軌跡が見えますので、
サイトを訪問した顧客が
どこで躓いているか、
どこに興味を持って読まれているか、
フォームのどの項目で断念しているか
が確認できます。
(ちなみに個人情報は****で表示されますので見えません)

現在では、WEBは、顧客と出会う接点として
重要な場となっています。
セッションカムは
この接点=コンタクトポイントとしてのWEBの精査、
コンバージョン率の向上に役立ちます。

こちらのサービスは現在英語でのみ運営されていますが、
日本での窓口は、株式会社ベレネッツが行っています。
興味のある方はこちらのお問い合わせフォーム
https://www.wellenetz.co.jp/inquiry/
よりご連絡ください。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page

服を売らないアパレルショップ。常識を覆す最新マーケティング手法

洋服店の様子

インターネットの普及など、ここ数十年で激しく時代が移り変わり、
どのような業界でも今までのやり方では立ち行かない状況が出てきています。
過去のものは「現代にそぐわない」ものになり、
新しい仕組みが求められる場面が増えてきています。

「これから生き残るのは、過去の常識にしがみつく者ではなく
未来の価値観を自ら作り出す者だ」というのは、
皆さん少なからず感じているところではないかと思います。

さて、今回ご紹介するのは、こちらのアパレルショップ「ボノボ」です。

 

■Bonobos(ボノボ)

http://www.bonobos.com/

■ボノボ・ガイドショップ

 

ボノボが行ったのはどんな取り組みでしょうか。

OtoO(オンライン to オフライン)という
キーワードが叫ばれてしばらく経ちます。
しかし、うまく成功しない企業も多いのが現実です。

今回ご紹介する「ボノボ」はアパレルショップですが、
有人店舗はありませんでした。
いわゆるネットショップ専業で、
オンライン上でのみ展開していました。

ところが、そのネットショップが「店」を作りました。

それが「ボノボ・ガイドショップ」です。
実店舗ではありますが、
商品は一切購入できず、試着や商品の確認だけ。
購入する場合は、
店内にあるタブレットから商品を注文します。

服屋なのに、服を売らない。

店舗があれば、
そこを販売チャネルとして活用したくなるのが
いままでの常識ですよね。

しかし、店舗では売らない。
今までの店舗にあった在庫の心配、
オンラインショップにありがちな
「実際の商品を分かってもらえない」という心配、
どちらもクリアしています。

このように既成の概念を崩すことも、
未来の価値観を作る、 現状をブレークスルーする1つの要因です。

共有Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someonePrint this page