Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 | 非広告関係ブランディングニュースや最新情報のまとめです。 - Part 10

ファンクラブの新規入会が3倍以上に。BtoCにもBtoBにも効果のあるデータ解析マーケティング

球団ビジネス変革の裏側(前編):オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか  1 2    ITmedia エンタープライズ

ファンクラブ会員登録数が多くとも

ファンの動きが見えなければ「宝の持ち腐れ」である、ということが、

改めてわかる記事をご紹介します。

 

球団ビジネス変革の裏側(前編):

オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか ITmedia エンタープライズ

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1409/26/news056.html

球団ビジネス変革の裏側(前編):オリックス・バファローズはいかにファン会員データを“宝の山”に変えたか  1 2    ITmedia エンタープライズ

 

グッズ購買などファンの動きを徹底して分析し、

取るべき戦略を定めています。

また、その戦略自体がファンの動き=欲求に応えたものであるため、

ファンの満足度も比例的に上がっていくという傾向に結びついています。

 

WEB広告の最適化を統計で行う場合、母数は月間15000くらいです。

今回の例であれば、ファンクラブはビッグデータ解析のように「何百万、何千万」の母数ではありません。実は手の届く範囲でのデータ解析ができるのです。

ユーザーの動きを分析し、より人気を強化するような試みに活かせるでしょう。

グッズなど周辺アイテムの売り上げも増。徹底したメディアミックスで囲い込む戦略

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

昨今、メディアミックスされるコンテンツは多岐に渡ります。

カードゲームからアニメーション、グッズへと展開し、

商品の展開とアニメのストーリーを徹底的に一致させる戦略で

子供たちを虜にしている作品があります。

 

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

http://dentsu-ho.com/articles/1663

「穏やかじゃない!」いま小学生女児が夢中のアイカツ!ブームを支えるリアル感   電通報

 

メディアミックスするにあたって、

ただただ「他の媒体でも人気」「グッズもある」と横展開するという

制作側の目線だけではなく、

「アニメで出てきたこの服、私も着てみたいな」といったユーザー側の

欲求に応える形での展開がブームの秘訣と言えるでしょう。

 

 

メディアミックスとは旧来の「マスに受けるメディア」とのミックスはもはや通用しません。(ユーザーに見透かされます)

妖怪ウォッチのレベルファイブのように、「外には見えないけど、緻密に計算された熱狂を作り出す相互作用」は、版権活用者しか生み出せません。

Twitterのキャンペーンは、ユーザーを巻き込み生の声を集めるのに最適

グリーンシャワー|ポッカサッポロ

SNSを使用したキャンペーンのメリットは3つあります。

ユーザー自身が主体的に参加するという点、

ユーザー自身が拡散し周囲へ波及するという点、

そして「生の声」を集めることができるという点です。

 

グリーンシャワー|ポッカサッポロ

http://www.pokkasapporo-fb.jp/green/

グリーンシャワー|ポッカサッポロ

飲料メーカーが行っているこちらのキャンペーンは

「いつ飲む?キャンペーン」と銘打ち、

どんな場面で該当のドリンクを飲むかという

個々人のアイディア、レビューを集めています。

集まった生の声は、集めてコンテンツとして利用しています。

 

ハッシュタグを通じてユーザー同士のコミュニティ醸成にも繋がります。

もしくは「奇跡のワンショット」のように普段見ることができないシーンを切り取って投稿し合う仕組みもよいでしょう。

もちろん、Twitter→youtube→本サイトという流れは作るべきです。

 

ゲームがプレイヤー同士のコミュニティを作って行く。プレイ動画で遊技者目線を共有

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?   ReadWrite Japan-1

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?

http://readwrite.jp/archives/7913

ゲーム動画のTwitchがYouTubeと合体?   ReadWrite Japan-1

ゲームのファンの間では、個人ユーザーがプレイ動画をUPし、

動画視聴者とプレイヤーの目線を共有したり、

プレイヤー同士がコミュニティを築いたりという動きがあります。

 

最新家庭用ゲーム機・プレイステーション4では、

プレイ動画を配信するための設定や機能も設計されており、

個人が発信者になれる現代ならではの

コミュニケーションシーンとなっています。

 

ニコ動、youtubeなどといった「共感メディア」では、旧来の「販促動画をそのままアップ」では、まずユーザーの興味を喚起できません。

提供者側が行うのではなく、ユーザー側が「能動的に動いてしまう」仕掛け作りが一層重要になってきています。

 

版元と交渉し、動画のある程度の改変・スプレッドは許容の範囲としてもらい、提供者側の手を離れて独自の動きをさせるような施策は今後必須です。

 

ユーザーに「〜してください」「〜アップしてください」あとは著作権上の責任はあなたにあります、ということで炎上してしまったテレビ局投稿サービスは悪い例です。

ある程度の自由度を持ってユーザーに「遊ばせる」「自慢させる」「共有させる」など、本来のスプレッドしたくなるような使い方に自由度を持たせる方法を考えましょう。

来店すれば付加価値が。無料のWi-Fiが使いやすくなったスターバックス・コーヒー

スターバックスの無料WiFi、 Twitter Facebook Google Y アカウントで利用可能に。事前登録不要   Engadget Japanese

以前から無料で使用できていたスターバックスのWi-Fiが、

登録要らずの、より使いやすいものに改善されました。

 

スターバックスの無料WiFi、 Twitter Facebook Google Y アカウントで利用可能に。事前登録不要   Engadget Japanese

http://japanese.engadget.com/2014/09/26/wifi-twitter-facebook-google-y

スターバックスの無料WiFi、 Twitter Facebook Google Y アカウントで利用可能に。事前登録不要   Engadget Japanese

 

スターバックスのコンセプトを表す言葉に、「サードプレイス」というものがあります。

つまり自宅・職場(学校)に次ぐ第三の居場所として

店内でゆっくりとくつろげる場所、というものです。

居心地の良さを追求し、他の店と比べて選ばれる店に成りえています。

また、客数・回転数が命の飲食店では本来敬遠されがちな

ある程度の長時間の滞在も良しとしています。

 

(応用例)

無料サービス(この場合はWifi)などメインでない別の施策で誘導することをフロントエンドマーケティングと言います。

 

今までスターバックスはフロントエンドで無料Wifiを提供していたのですが、様々なブログにも感想が書かれているようにユーザ登録がめんどくさい(障壁がある)ものでした。

今回、ソーシャルログインできたことで、「めんどくさい」層にもアピールすることができ、まずはフロントエンドとしての集客マシンとしてはよいでしょう。

 

このように、事業とは関係が一見薄そうな施策をフロントエンドとして機能させる考え方をしてみてはいかがでしょう?