Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 | 非広告関係ブランディングニュースや最新情報のまとめです。 - Part 3

お決まりワードでなくてはいけない理由はない。遊び心で差別化を図るパチンコ店

パチンコ店前の花輪28本、独自ネタ更新中 北九州:朝日新聞デジタル

パチンコ店の前に良く飾られているものと言えば

花輪が挙げられるでしょう。

花輪のスカート部分には、

たいていの場合は開店のお祝いや

「リニューアルオープン」といった文言が記されています。

 

ところが、このスカート部分に

遊び心をプラスし、とんでもない花輪を並べていることで

有名なパチンコ店が北九州にあります。

 

パチンコ店前の花輪28本、独自ネタ更新中

http://www.asahi.com/articles/ASH4Q52CLH4QTIPE02H.html

パチンコ店前の花輪28本、独自ネタ更新中 北九州:朝日新聞デジタル

 

機種の名前に絡めた駄洒落や季節ネタ、時事ネタなど

思わず目が離せなくなってしまう内容が多いです。

 

記事内のコメントでは「集客を目的にはしていない」とのことですが、

新聞だけではなくネット上でも数回ニュースとしてとりあげられており、

話題性は十分と言えるでしょう。

 

遊び心を出せるコンタクトポイントを洗い出し、

ユーザーにとって楽しめるような

話題創出をすることができるでしょう。

 

必要だけれど面倒くさい!スマホの充電を究極的に手間がかからないようにするには?

空中から充電できる魔法のiPhoneケース   ギズモード・ジャパン

スマートフォンが私たちの生活に浸透してだいぶ経ちますが、

スマホユーザーの皆さんに共通して「面倒くさい」動作と言えば、

ズバリ充電でしょう。

 

空中から充電できる魔法のiPhoneケース

http://www.gizmodo.jp/2015/05/iphone_666.html

空中から充電できる魔法のiPhoneケース   ギズモード・ジャパン

毎晩寝る前にケーブルを差し、朝抜いて会社に持参するという手間が

省ければどんなにいいかと思う人も少なくありません。

 

そんな面倒くささを解消するアイテムが登場するかもしれません。

こちらの製品はWi-fiなどの「電波」で充電するというもの。

 

Wi-fiの通った自宅に持ち帰りさえすれば

カバンから出さずとも充電されてしまうのです。

 

ヒントとしては、

製品やサービスから切っても切り離せない「面倒」「悩み」を

いかに解消するかという所にヒントを見出すことでしょう。

ユーザーの動線など、面倒なポイントを探り

解決法を提示していくということが考えられます。

○○の音に反応して走る、止まる!子供の夢プラレールは進化していた

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

プラレールという電車のおもちゃで

遊んだ記憶のある人は多いでしょう。

 

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/332/332096/

プラレールが超進化!笛でスマホでコントロールする時代   週アスPLUS

 

 

そのプラレールが近年進化を遂げているようです。

 

付属の笛を吹く音やスマートフォンアプリに反応し

走る、止まる、加速するといった操作をすることができます。

 

電車と親和性のある笛というアイテム、

そして近年急速に普及したスマホを活用して

操作性を進化させたというチャレンジングな姿勢は

参考になるところがあります。

 

また、子供向けのおもちゃでありながら

購入決定権を持つ親世代も楽しめる、

所有欲を刺激されるラインナップ展開も興味深いです。

(その姿勢はタカラトミー社のリリースなどからも見て取れます。

興味の湧いた方はご参照ください。

http://www.takaratomy.co.jp/product_release/ )

 

適用例としては、

商品ごとに親和性のあるアイテムを取り入れられないか

工夫をする姿勢を持つことなどが挙げられます。

家の中でできることに裾野を広げる。IKEAが提案する新しい家具の在り方

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に   ギズモード・ジャパン

輸入家具で有名なIKEAから、

「充電できる家具」が発信されています。しかもワイヤレスで、です。

 

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に

http://www.gizmodo.jp/2015/04/post_16965.html

この春、イケアが家中をワイヤレス充電器に   ギズモード・ジャパン

 

IKEAの施策の面白いところは、

家具を売るだけ、家電を売るだけではなく、

既存の家具を充電器化するモジュールをも作ることで

囲い込みへの意気込み、

充電家具の先陣を切る覚悟が見てとれます。

 

何か新しいものをローンチする際、

ただ自社製品のみをUPDATEするのではなく

他社の製品にも影響し、囲い込みに繋げられるような

ローンチをするなどが考えられるでしょう。

分かりやすいから参加したくなる!SNS巻き込み型キャンペーンのポイント

Schweppes シュウェップス

コカ・コーラ「“シュウェップスMINIを探せ”キャンペーン」シュウェップスMINIを撮影またはRT、FacebookページにコメントでMINIが当たる!

http://c.cocacola.co.jp/schweppes/

Schweppes シュウェップス

 

今回ご紹介するのは、日本コカ・コーラ株式会社の

シュウェップスのキャンペーンです。

街中を走るシュウェップスMINIを見つけたら撮影し、

TwitterやFacebookへ投稿をするという

良くあると言えば良くあるパターンのキャンペーンです。

 

特筆すべきは、そのサイトの分かりやすさ敷居の低さ。

 

TwitterやFacebookなどのSNSのガイドラインに反しないよう、

メディアごとに参加方法を変えているのですが、それが分かりやすく表現されています。

 

 

ユーザー層は、よく「しっかりと見ない・読まない」などと言われます。

そんなユーザー層を動かすには、

まず敷居が低く、分かりやすい参加方法を提示すること。

 

シュウェップスのサイトでは、図を用いて分かりやすく

参加方法を解説しています。

図やイラスト、数字で分かりやすくすることで、

「参加しようと思ったけれど面倒くさそうだからやめた」

というような機会損失を防ぎます。

 

キャンペーンなどを行う際には、

ユーザー巻き込みに注力し、分かりやすく、参加者が動きやすくする

ヒントとなるでしょう。