Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 | 非広告関係ブランディングニュースや最新情報のまとめです。 - Part 5

Instagram(インスタグラム)を活用しSNS上での話題創出

企業イベントを話題化:博報堂DYインターソリューションズ、Instagramを活用したマーケティングサービス「Pram」を提供開始   ITmedia マーケティング

インスタグラムを活用する方法は以前にもご紹介しましたが、

今回はSNS上でのコメントや写真を再集積させて

WEB記事とする手法です。

 

博報堂DYインターソリューションズ、Instagramを活用したマーケティングサービス「Pram」を提供開始

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1503/25/news098.html

企業イベントを話題化:博報堂DYインターソリューションズ、Instagramを活用したマーケティングサービス「Pram」を提供開始   ITmedia マーケティング

記事の中では博報堂のサービスを紹介していますが、

個人がSNSでコメントを発表するものを再集積する手法は

有効です。

(個人の発言を引用する際には取り扱いに注意が必要です。)

 

活用例としては、

イベントなどの参加者にSNS上での発言を促し、

キャンペーンを行いPR記事にまとめるなどが考えられます。

 

 

 

家庭まわりの修理や組み立て。周辺サービスをAmazonがアメリカで展開スタート

アマゾン、「Home Services」を米国で開始  プロによる家庭向けサービス   CNET Japan

配管や壁へのテレビの取付、グリルの組み立てといった

家庭内で必要な工事や、

音楽レッスンといった個人向けのサービスなど

様々なサービスをAmazonがアメリカで提供を開始しました。

 

似たような例では、

東京・町田にある「でんかのヤマグチ」があります。

こちらは他店よりも「高売り」するが、

顧客サービスを徹底的に行っています。

 

周辺サービスを徹底することで

新たな価値を生み出しています。

 

アマゾン、「Home Services」を米国で開始–プロによる家庭向けサービス

http://japan.cnet.com/news/service/35062481/

アマゾン、「Home Services」を米国で開始  プロによる家庭向けサービス   CNET Japan

 

 

活用例としては、

個人向けサービスだけはなく、

ターゲットを顧客企業にもし、必要になるあらゆることを

提供する、などが考えられます。

開発したのはどんな場所?デザイン事務所を見せることでバックグラウンドを語る

LIFESTYLE × INFOBAR|Original Product|au

auの携帯電話の機種に、「INFOBAR」というシリーズがあります。

2003年にストレート型携帯として登場してから

シリーズとして長く続き、スマートフォンにもなっています、

 

デザインが優れていることで有名になったシリーズですが、

現在、auのサイト内で、プロダクトデザイナーや

関連アイテム開発デザイナーの事務所を紹介する

特集を組んでいます。

 

LIFESTYLE×INFOBAR

http://www.au.kddi.com/original-product/

LIFESTYLE × INFOBAR|Original Product|au

デザイン事務所の内部の洗練された様子を見ることで、

そこで作られるプロダクトにも自然と洗練さを感じます。

 

活用例としては、

開発の場やオフィスを見せることで、

世界観や開発のバックグラウンドのストーリーを

伝えることができます。

 

 

 

 

「チラシ」をコンテンツとして魅せる。美術館のチケットも買えるチラシミュージアム

全国400カ所の美術館のチラシを収録。チケット予約もできるアプリ | ライフハッカー[日本版]

芸術系のアプリは、以前から人気がありました。

世界の有名美術館をアプリの中で堪能できる「世界美術館」シリーズなどが

その中心です。

 

全国400か所の美術館のチラシを収録。チケット予約もできるアプリ

http://www.lifehacker.jp/2015/03/150327chirashi_museum.html

全国400カ所の美術館のチラシを収録。チケット予約もできるアプリ | ライフハッカー[日本版]

今回ご紹介するアプリは、

美術館のチラシを裏表じっくり見ることができ、

また、チケット購入もできることから美術館への集客導線にもなっています。

 

チラシは、本来無料です。

しかし、美術展の内容の説明や集客に一役買うアイテムであり、

立派にコンテンツとして成立しています。

 

活用例としては、

今までに出した販促カタログなどを

集めて見られるようにするなどが挙げられます。

無料で配布しているアイテムも、

立派なコンテンツではないか?という目で

見直し、見せ方を工夫してみることが肝要です。

 

参考:iPadアプリでアートを楽しむ

http://www.museum-cafe.com/special/4700.html

予算ほぼゼロでもメディアを多数呼び込む。攻める広報とは

無名企業の発表会に記者60名+WBSやガイアの夜明けを呼んだ「攻める広報」のマインドとは   広報インタビュー   Web担当者Forum

広報の仕事とは何でしょうか。

よく「広く報せる」と書いて広報だ、などという意見がありますが、

広く浅く報せても広報とは言えません。

 

それでは、どのような報せ方をすれば、

広報の役目を達成することができるのでしょうか。

 

無名企業の発表会に記者60名+WBSやガイアの夜明けを呼んだ「攻める広報」のマインドとは

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/11/19331

無名企業の発表会に記者60名+WBSやガイアの夜明けを呼んだ「攻める広報」のマインドとは   広報インタビュー   Web担当者Forum

 

今回の記事では、ある広報担当者が紹介されています。

メディアごとの視点を分析し、

各メディアにとって「扱いやすいネタ」になるには

どうしたらよいか。

それを徹底的に考慮し、提示していく攻めの広報が必要になります。

 

活用例としては、

プレスリリースを出すたびにどのようなメディアに載り得るか、

どのような切り口で打ち出せば扱いやすいかを

徹底的に追及し提示することが考えられます。