Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 | 非広告関係ブランディングニュースや最新情報のまとめです。 - Part 7

ネットでの評判を商品キャッチコピーにした無印良品のソファ、その後

“ダメにする”公認   無印「体にフィットするソファ」PRサイト公開、心拍から最適な音楽を自動生成するアプリも   ITmedia ニュース

“ダメにする”公認!?無印「体にフィットするソファ」PRサイト公開、音楽を自動生成するアプリも

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/27/news164.html

“ダメにする”公認   無印「体にフィットするソファ」PRサイト公開、心拍から最適な音楽を自動生成するアプリも   ITmedia ニュース

以前、ネットの声をオフィシャルに取り入れ、ネットを味方につけた例として取り上げた

無印良品の「体にフィットするソファ」、

通称「人をダメにするソファ」に関して、その後がニュースになっていましたのでご紹介します。

まとめると、下記3点がポイントです。

  • PRサイトにキーワードとして「ダメになる」ちりばめ、よりネットと近づいた
  • 「ダメになる」をキーワードにし、ソファの使用場面をより明確にイメージできるように写真などを増やした。(2つ並べる使い方など、アップセルを想起させています)
  • 体にフィットするというところから、心拍などを読み取り音楽を自動生成するアプリを開発した

 

アプリ開発などはマストなものではありませんが、

「人をダメにするソファの無印良品が聴覚からも人をダメにしにかかった」などと、

またもネットで盛り上がりを見せることとなっています。

このソファは年間10万個を売り上げる大ヒット商品となっており、

ネットで「バズった」のをうまく利用した例と言えるでしょう。

買いたいものは本?内容?書店で電子書籍を売る意味とは

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売「Booca」、3月から事業化   ITmedia ニュース

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売、3月から事業化

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/27/news175.html

リアル書店で電子書籍のダウンロードカード販売「Booca」、3月から事業化   ITmedia ニュース

昨年6月から試験的に行われていた

リアル書店での電子書籍販売が、試験期間を終え事業化されます。

OtoOの流れの一端と言えるでしょう。

書店に居るのに電子書籍を買うなんて…と思われる方もいるかもしれませんが、

書店=実際の書籍を見ることができ、買うかどうかの決断をしやすい

電子書籍=場所を取ることがなく、本を多く読む人にも便利

という両方のいいところ取りができる、スマートな手法と言えます。

ネットでの購買とリアル店舗での購買が限りなく近づいてきている、

また、融合してきているということの好例と言えるでしょう。

 

応用例としては、サービス購入と、

インターネットを使用したサービス提供の融合点を設定し、

ユーザーへ分かりやすく、より利用したくなるように提供すること、などが挙げられます。

実施効果の高いDMとは?思わず開けたくなる予想外のDM

第29回全日本DM大賞――郵便受け、工具箱風DMでダブルグランプリ   販促会議 2015年4月号

ダイレクトメール=DMは、以前からある手法ですが、どのようなDMが実施効果が高いのでしょうか?

今回の記事は、全日本DM大賞の優秀作品を通じて、

効果的なDMについて取り上げて参ります。

 

http://mag.sendenkaigi.com/hansoku/201504/pickup/004739.php

第29回全日本DM大賞――郵便受け、工具箱風DMでダブルグランプリ   販促会議 2015年4月号

 

グランプリを獲ったのは郵便受け型・工具箱型ということですが、

ここに潜むのは「開封したくなる」「興味を引く」という要素でしょう。

郵便受け型には開封するワクワク感や、

自分宛の手紙が届いたときの「なんだろう?誰からだろう?」という期待感を

追体験させるような意匠となっています。

また、工具箱の方は、

水道管の点検についてのDMなど「工具」を連想させるジャンルで活用の余地があります。

 

どちらも、そのデザインである必要性などに齟齬がなく、

また、興味をひくストーリー性のあるものとなっています。

 

御社での活用例としては、

DMを送る際、例えば慶次が一閃しているイラストの切り口のところから開封できるなど

興味をひき、面白みのある装丁で送る、などが考えられます。

LINEから逆輸入 ディズニーツムツムのアーケード戦略

エルサやアナ、プーさんなどのリアルマイツムで遊べる「ディズニー ツムツム」   GIGAZINE

今まで、アーケードと家庭用ゲーム、アニメなどのメディアミックスはありましたが、

LINE用人気ゲームがアーケードに進出します。

 

http://gigazine.net/news/20150213-disney-tsum-tsum-jaepo2015/

 

エルサやアナ、プーさんなどのリアルマイツムで遊べる「ディズニー ツムツム」   GIGAZINE

今回アーケードゲームになるのは「ディズニーツムツム」。

ゲームの操作の分かりやすさ、

達成感による中毒性、

登場するキャラクターの可愛さから人気のゲームです。

 

リアルな「アーケード」ゲームになるにあたり、どのような工夫がなされたのでしょうか?

スマホでの人気の一端である「キャラクターの可愛さ」を活かし、

キャラクターの小さなチャームを集めるような仕組みになっています。

Googleの検索結果は今年4月に激変する?その理由とは

Google、モバイル重視の検索アルゴリズム変更を4月21日に実施へ   ITmedia ニュース

Googleと言えば、検索エンジンの最大手です。

検索のアルゴリズムを元にして動いていますが、

あるユーザーの傾向に対応して、今年の4月に変更するというニュースがあります。

 

Google、モバイル重視の検索アルゴリズム変更を4月21日に実施へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/27/news091.html

Google、モバイル重視の検索アルゴリズム変更を4月21日に実施へ   ITmedia ニュース

 

あるユーザーの傾向とは、モバイル端末からのGoogleの利用が増えていること。

この傾向に対応し、モバイルフレンドリーなサイトを有益なサイトと判断する傾向になります。

モバイル端末でも見やすいかどうかが、

今後のサイト制作の場面での重要事項となりそうです。

 

なお、

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/get-started/?utm_source=wmc-blog&utm_medium=referral&utm_campaign=mobile-friendly

こちらから、モバイルフレンドリーかどうか確認することができます。

関係サイトなどチェックしてみてはいかがでしょうか。