Warning: Declaration of HSM_PageTitle::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/page_title.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Description::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/description.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Tags::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/tags.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_JavaScript::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/javascript.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::load($meta) should be compatible with HSM_Module::load($meta = '') in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0

Warning: Declaration of HSM_Stylesheet::init() should be compatible with HSM_Module::init($args) in /home/wellenetz01/logo.co.jp/public_html/wp-content/plugins/headspace2/modules/page/stylesheet.php on line 0
非広告手法で業績を劇的に変化できる事例を集めました。 | 非広告関係ブランディングニュースや最新情報のまとめです。 - Part 9

twitterとソーシャルテレビ

Twitterは視聴率を上げることができる?ソーシャルテレビで何ができそうになっているかを考える   AdverTimes(アドタイ)

http://www.advertimes.com/20150130/article181024/

スマートフォンをいじりながらテレビも見る、ということが

当たり前の時代になってきました。

Twitterは視聴率を上げることができる?ソーシャルテレビで何ができそうになっているかを考える   AdverTimes(アドタイ)

 

ソーシャルテレビという言葉は2011年ごろからアメリカで起こったものですが、

ソーシャルメディアとテレビで相乗的に起こること全般を指します。

「テレビを見ている人たちが、同時にtwitterで呟く」ことで、

大きな波及効果が起こります。

 

最近は、TV番組側からのアプローチとして、

ワイドショーや報道番組などで独自のハッシュタグを設定し、

放送中に視聴者の呟きを枠外に表示したりしています。

視聴者に番組への参加感を感じさせています。

記事内ではテレビですが、同時に同じ体験をしている人たちが

繋がるのに、twitterは有効な手段です。

 

御社での応用例としては、同じイベントに同時に参加しているなどの

シチュエーションで活用できるでしょう。

その入力フォームは使いやすい?シニア向けの入力フォームとは

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

一般のサイトでも入力フォームの使いやすさは大切ですが、

商材のターゲットがシニアの場合、

さらにその分かりやすさが問われます。

 

マミオン有限会社

http://mamion.net/2014/12/皇潤の入力フォームが使いやすい理由/

こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由   マミオン有限会社 シニアマーケティング、ウェブユーザビリティ評価

 

入力フォームの分かりやすさに尽力しているサイトとして、

健康食品『皇潤』で有名なエバーライフがあります。

入力しやすいフォームはそれだけでコンバージョンアップに繋がります。

 

シニアに分かるよう気遣ったサイトであれば、

コア世代にも分かりやすいクオリティとなります。

 

具体的には、

  1. 各フォームがそこそこ大きく見やすい
  2. 必須項目表示がわかりやすい
  3. ふりがなが自動的に入力される
  4. 住所が自動的に入力される
  5. 電話番号欄には数字以外入力できない
  6. 生年月日の初期値が50歳に指定されている
  7. メールアドレスの補完機能がある
  8. エラー入力へのフィードバック内容が具体的
  9. 「次へ」ボタンを押すと、間違った項目だけを表示してくれる

 

その他、ポイントとして、

・姓名、郵便番号のフォームを統合する

・全角/半角の自動修正を行う

・誤って「戻る」を押した際の確認メッセージを出す

といった工夫が見られます。

 

御社の場合、ユーザーとの接点になるアイテムは

ターゲットにとって使いやすいものになっているか、

今一度確認してみるのをオススメします。

コンテンツ発信の効果を最大化する施策 【UIをスマートフォンに最適化。行動科学からコンテンツ配置を考える】

スマホ大画面時代、親指リーチ範囲が鍵となる新たなインターフェースデザイン   ギズモード・ジャパン

例えばインターネットの画面の場合、

画面のどの部分が良く注視されているでしょうか?

その答えは、よく、「F」字型と言われています。

画面左上から下へ、また、左から右へと目が行きやすいというものです。

 

では、スマートフォンの場合、

画面のどの部分が良くタップされているのでしょうか?

 

スマホ大場面時代、親指リーチ範囲が新たなインターフェース

http://www.gizmodo.jp/2014/09/post_15582.html

スマホ大画面時代、親指リーチ範囲が鍵となる新たなインターフェースデザイン   ギズモード・ジャパン

右利きの人がスマホを手に持った際にタップしやすい、

つまり親指の届く範囲を図にしているのが今回の記事です。

 

(応用例)

コンテンツを設計する際にこういった人間工学、

インターフェースについて意識することも、

効果を最大化させるためには必要です。

タップしにくい、入力しにくいといった理由で機会を逃すような勿体ないことには

なりたくないものです。

 

新製品を開発することなく、特定のセグメントに特化して商品を打ち出す方法

ロッテが増加する単身・小世帯の消費に対応、1個入りの「ぼっち」商品を新たに販売へ:MarkeZine(マーケジン)

この記事で紹介されているのは、あるお菓子です。

通常、類似の商品は複数個入りでファミリー向けに販売していますが、

単身世帯をターゲットに1個入りでの販売を始めました。

 

一人でも食べたい プチ贅沢なひとくちお菓子 ロッテ

http://markezine.jp/article/detail/20980

ロッテが増加する単身・小世帯の消費に対応、1個入りの「ぼっち」商品を新たに販売へ:MarkeZine(マーケジン)

同じ商品でも提供の仕方により需要が変わってきます。

 

もし同じ商品を6個入り、8個入りで売り出したら、

ファミリー層が主な購入層となり

「おひとり様」にとっては手に取りにくい商品となっていたでしょう。

提供の仕方を従来の類似の菓子と変え、個別売りにすることで

単身世帯の方が自然と手に取りやすいように

姿を変えることができました。

 

 

同じ商品、同じサービスでも、

ターゲットを想定して提供の仕方に変化を付けることができないでしょうか。

 

目線を変え、グローバルニッチ化した提供の仕方を敢えて攻めていくのは効果的です。

また、攻める姿勢のある企業だとアピールすることにも意味があります。

サイトでのユーザー分析で漏れがちな部分をフォローする手法

Yahoo アクセス解析

検索でWEBサイトに訪れるユーザーは多いです。

ユーザーの流入経路やセグメントを知るのに、

アクセス解析ツールとしてGoogleアナリティクスを使用している企業は多いでしょう。

 

確かにGoogleアナリティクスは優秀なツールです。

しかし、Google以外から検索してくるユーザーを解析することができません。

 

Google以外の大手検索エンジンとしては、

Yahoo! と Bing が挙げられます。

 

 

Yahoo!アクセス解析

http://analytics.yahoo.co.jp/

Yahoo アクセス解析

 

BingWEBマスターツール

http://www.bing.com/toolbox/webmaster/

Bing   Web マスター ツール

 

 

検索エンジンごとに使用者の傾向は異なります。

Yahoo!やBingの使用ユーザーの動向を無視することは

機会損失になってしまいます。

どちらも分析するツールが提供されているので、活用すべきです。